様々なデザインが可能 | 教会でウエディング【一生の思い出に残る挙式を実現】
教会

様々なデザインが可能

ウェルカムボードの歴史

結婚式では、ゲストへの挨拶としてウェルカムボードを設置するのが一般的になってきています。 最近になって定番化してきているイメージですが、実は、そのはしりは江戸時代にあったそうです。当時の銭湯では、弓矢が描かれた看板を掲げており、その意味は「弓を射る=ゆいる=湯入る」というダジャレから始まっていたとのことです。 ウェルカムボードとして普及してきたのは1990年頃からですが、その当初は「××家××家ご両家結婚披露宴会場」などと簡素的に書かれたゲストルームへの案内板でした。しかし、それではあまりにも味気ないということで様々なアレンジが加えられ、結婚式のテーマに合わせて作られるようになり、現在のウェルカムボードのスタイルになったとのことです。

オリジナル性を出していく

結婚式のウェルカムボードはこうでなくてはならないという縛りはありません。新郎新婦の個性を引き出せるアイテムですので、それを見るのもゲストの一つの楽しみになっているほどです。 ウェルカムボードの種類を見てみると実に様々なスタイルがあり、フォトウェルカムボード、プリザーブドフラワーウェルカムボード、ぬいぐるみウェルカムボード、似顔絵ウェルカムボードなどがあります。特に最近、人気になってきているのが似顔絵ウェルカムボードです。 一口に似顔絵と言っても、依頼する業者によって絵柄は異なりますし、この人に描いてもらいたいというイラストレーターを見つけるのも一つの楽しみでしょう。似顔絵なら一生の思い出として残せてもおけますし、結婚式のウェルカムボードには最適です。